JSTプロジェクト:計算科学技術活用型特定研究開発推進事業

宇宙シミュレーション・ネットラボラトリーシステムの開発
MHD/流体モデル班


MHD/流体モデル班の研究開発内容

本計算科学活用型特定研究(MHD/流体モデル班)では、標準MHD/流体コード開発、インターフェイスの開発、共通データ解析システムの開発、コンテンツの作成と共有データベース化、教材や知的データベースの作成を行う。この中で当研究開発グループは、具体的には標準MHD/流体コード開発・提供、VRMLによる可視化ツールの開発と標準化・提供、及び、地球磁気圏電離圏熱圏の2・3次元グローバルMHD/流体シミュレーションへの適用例と作成したコンテンツの提示を行っている。当コンテンツは科学技術振興事業団の計算科学技術活用型特定研究開発推進事業(ACT-JST)を通じて開発されました。


関連ホームページ


ジオスペース研究センターHOME

Computer Simulation Home

GEDAS Home

STELab Home

更新日:2006.7.12