工学研究科 電子情報システム専攻 電気工学分野 宇宙電磁環境工学講座 太陽地球環境研究所(協力講座)

宇宙情報処理グループ 荻野研究室

研究設備

    *3次元可視化装置


    シミュレーション結果や観測データを 立体的に見せるためのバーチャルリアリティシステムです。 コンピュータとしても高速で、並みのパソコンの5倍以上の性能があります。


    • 構成:Itanium 2 x 10, 40GBメモリ。最近増強しました。
    • PRISM


    • 天井にある2台のプロジェクタから、 偏光した2つの映像をスクリーンに映しています。 写真では、映像が二重に見えますが、 偏光めがねを通して見ることによって、 3次元的に浮き上がって見えるようになります。
    • screen

      screen

      写真では凄さは分からないと思いますので、ぜひ研究室に見学に来てください。


    *ポータブルVRシステム


    ポータブルな3次元バーチャルリアリティシステムです。 2つのプロジェクター・スクリーンと映像を作り出すコンピュータが 持ち運び可能になっています。名大ホームカミングディ・テクノフェアや学会などで展示を行っています。


    • こちらはWIndowsPCを使って3次元可視化をおこなっています。
    • MHD1


    *大容量ディスクアレイとPCクラスタ


    太陽地球環境研究所の大容量ディスクアレイとPCクラスタです。ディスクは約20TBの容量で、クラスタは並みのパソコン10台程度の計算速度があります。


    • Fujitsu製とApple製があります。

      cluster

    *A0プリンタ


    太陽地球環境研究所のA0プリンタです。これで学会やイベントのときのパネルを作成します。


    • HP製で、高速に印刷できます。

      A0 printer

    *個人の研究環境


    1人あたり、パソコン1台“以上”は必ず当たります。


Topページに戻る

Copyright (C) Ogino Laboratory. All rights reserved.