ジオスペース研究センター概要

ジオスペースは、太陽から絶え間なく放出される電磁波、磁場、荷電粒子など、様々なエネルギーを受けてダイ ナミックに変動している地球をとりまく広大な空間で、太陽活動に依存して変動しています。このジオスペースの変動は、宇宙・地球環境や経済・社会活動に様々な形で影響を与えており、その変動のメカニズムを解明し、予測を可能にすることが緊急の課題になっています。このジオスペースの研究は、太陽と地球を一つのシステム として扱う総合科学なので、領域にまたがる研究が重要です。ジオスペース研究センターは、時々刻々変化する ジオスペース環境の研究基盤を支えるために定常的なデータベース構築とモデリング・シミュレーション連携研 究を遂行するとともに、所内研究部門や所外共同研究者と連携・協力して分野・領域をまたぐ横断的共同研究プ ロジェクトを立ち上げ、その遂行に中心的役割を担うことを目的としています。ジオスペース研究センターは、 プロジェクトの企画・統括を行うマネージメント部とその実践・支援を担うプロジェクト推進部、そして分野横 断的な観測協力が機動的に実施できるように一元的に再編成された観測所群から構成されています。

    

マネージメント部

太陽から地球下層大気までのエネルギー・物質の輸送・循環過程について総合的かつ系統的な解明を行うために、 プロジェクトを企画・統括し、プロジェクトで取得されたデータおよび国内の他の研究機関で得られた大量の研究情報やデータを集約して高速検索が可能なデータベースを構築するのと同時に、モデリング・シミュレーショ ン研究との連携・協力を支援します。そして構築されたデータベースをネットワークを通じて国内外に発信する 太陽地球環境科学のポータル(玄関)としての役割を果たします。

プロジェクト推進部

太陽から地球下層大気までの特徴ある領域でのジオスペース環境の時々刻々の変化を知るために、観測所の特徴を活かした固有の定常観測を遂行するとともに、プロジェクト推進のための観測方法・機器・ソフトウエア開発を行って観測の実践、観測データ収集および情報発信などの役割を果たします。

観測所

母子里観測所 陸別観測所 富士観測所、菅平観測施設、木曽観測施設 鹿児島観測所 佐久島観測所
成層圏オゾン、対流圏化学環境の変動を測定するために、高波長分解能の赤外・可視分光計による大気組成の観測を行っています。 本研究所と国立環境研究所は、成層圏オゾンをモニターするために、赤外・可視分光観測、ミリ波観測、レーザーレーダー観測を行っています。また、磁気嵐の低緯度への総合効果を研究するため、地磁気/オーロラ/大気光の観測も実施しています。 この3観測所と豊川に設置されている電波望遠鏡群を用いて、天体電波を利用した太陽風プラズマのリモートセンシング観測を行っています。 九州南端の桜島火山の近くに位置するこの観測所では、地球磁場強度の変動、白然・標準電波、夜間大気光などの観測が行われています。 三河湾の佐久島にありましたが、観測所としての使命を終えたので平成18年4月に佐久島観測所は廃止されました。

領域横断的な重点共同研究プロジェクト

プロジェクト1:
CMEの素過程の研究
精度の高い宇宙天気予報を可能とするために、CME(コロナ質量放出現象)の起源と、その惑星間空間における構造と伝搬のダイナミックスの解明を行います。
プロジェクト2:
人工衛星ー地上共同観測によるジオスペース研究の新展開
人工衛星と地上観測のデータを用い、ジオスペースを構成する磁気圏−電離圏−熱圏の領域間をつないだ数値モデルを作成し、領域間で生起しているエネルギーと物質の輸送・変換過程を解明します。
プロジェクト3:
太陽活動の地球環境への影響に関する研究
太陽から放出されるエネルギーは地球の気候変動などに大きな影響を与えています。主要な変動が11年周期又はそれ以上である太陽活動がどのように地球環境に影響を与えているかを、過去から現在にわたって検証し、その素過程を解明します。

センタートップページへ戻る