プロジェクト 1: CMEの素過程の研究

CMEは宇宙天気に大きな影響を与えるため、精密な理解が必要とされています。本プロジェクトでは、当研究所で実施している惑星間空間シンチレーション観測や高エネルギー粒子観測のデータと、衛星・地上観測データを比較・融合させながら、目下謎となっているCMEの素過程(3次元構造と伝搬のダイナミックス、発生機構、衝撃波の励起と粒子加速、等)について研究を行います。また、CME研究に新展開をもたらす観測装置や解析技術の開発研究も行います。

プロジェクトリーダー:徳丸宗利(第3部門)
メンバー:松原 豊、増田 智、小島正宜、藤木謙一、家田章正

概要:
・宇宙天気に大きな影響を与えるCMEの精密な理解が必要
・惑星間空間シンチレーション観測
・高エネルギー粒子観測のデータ
・他の衛星・地上観測データを比較・融合

・CMEの素過程(3次元構造と伝搬特性、太陽起源、衝撃波の励起と粒子加速、等)の解明
・CME研究に新展開をもたらす観測装置・解析技術の開発研究



天体電波源の惑星間空間シンチレーション(IPS)観測から推定された惑星間空間を伝搬するCMEの全体像。IPS観測からは、CMEのグローバルな構造や伝搬のダイナミックスを解明することができます。

IPSデータから推定された太陽風速度の3次元分布(赤色:低速風、青色:高速風)。観測と計算機トモグラフィー解析を組み合わせることにより、人工衛星や人工惑星が観測できない広大な惑星間空間を吹く太陽風の3次元構造が短期間に求められ、CMEのダイナミックスを研究する上で重要な背景である太陽風速度の3次元分布の情報も得られます。

銀河宇宙線データから推定された磁場構造(信州大学・宗像らの解析による)。銀河宇宙線の観測データから、CMEの磁場構造を推定することができます。

チベットにおける太陽中性子の観測(点線は太陽フレアの発生時刻を示す)。磁場に影響されず地球へ到達する太陽中性子の観測から、太陽大気中における粒子加速について正確な情報が得られます。

センタートップページへ戻る