STE研・NICT合同シミュレーション研究会のご案内

           愛媛大学工学部情報工学科   清水 徹
           名古屋大学太陽地球環境研究所 荻野瀧樹
           独立行政法人情報通信研究機構 品川裕之、島津浩哲
           気象大学校          藤田 茂

「STE研・NICT合同シミュレーション研究会」 (代表世話人: 清水 徹)の講演募集案内
をお送りします。参加申込締め切りは、9月22日(木)となっております。
関連分野の皆様は、奮ってご参加いただくようよろしくお願いします。

STE研・NICT合同シミュレーション研究会
(1) STEシミュレーション研究会(代表: 品川裕之)
(2) STEモデリング研究会(代表: 藤田 茂)
(3) NICT計算科学シンポジウム(代表: 島津浩哲)

期日: 2005年10月13日(木)午後1時頃〜14日(金)午後5時頃
会場: 愛媛大学総合情報メディアセンター

講演プログラム

本研究会に参加される方は、下の申込書にご記入の上、
近藤: kkondo@stelab.nagoya-u.ac.jp、および、
井田: ida@stelab.nagoya-u.ac.jp
宛にお送りください。

参加申込締め切り: 2005年9月22日(木)
問い合わせ先: 清水 徹: shimizu@cs.ehime-u.ac.jp

趣旨:
(1) STEシミュレーション研究会
太陽面から大気圏までのすべての領域を包括的に含む「太陽地球系統合シミュレーシ
ョンモデル」の開発は、太陽地球系を一つのシステムとして総合的に理解するための
最重要課題となっています。しかし、その実現には、大気圏、超高層、磁気圏、惑星
間空間、太陽などの多くの異なる分野のシミュレーション研究者同士が、密接に情報
交換や議論を行う必要があります。今回の研究集会では、
・ 太陽地球系の領域間・スケール間結合、
・ リアルタイムシミュレーション/モデリング
・ データ同化
・ 数値計算・可視化技術
などに関する発表および討論を行いたいと思います。
また、宇宙気候や惑星のシミュレーションに関する発表も歓迎します。

(2) STEモデリング研究会
計算機シミュレーションによって太陽風から磁気圏・電離圏領域のプラズマの振る舞
いが再現できるようになってきています。一方,衛星・地上観測のネットワーク化や
ISレーダ等の電離圏2次元観測によって,立体的なデータも得られるようになって来
ています。しかしながら、観測を意識したシミュレーションはまだ不十分で、両者の
連携は定性的な段階に留まっています。今後はシミュレーション結果と観測データの
融合による現実的数値モデルの構築を目指すことが重要です。
本研究会では主に磁気圏電離圏領域でのシミュレーションと観測に携わっている研究者
の議論を通じて次世代の磁気圏電離圏研究を目指します。

(3) NICT計算科学シンポジウム
2002年度より毎年開催されてきた本シンポジウムの第4回を開催いたします。本シンポ
ジウムでは、NICTのスーパーコンピュータの利用で得られた研究成果の発表をはじめ、
共同研究の推進、利用方法に関する提案、要望、今後の研究計画などについて、議論
していただくことを目的としています。話題は、宇宙天気のシミュレーションを中心
にして、生体電磁環境、分子構造、ハイパフォーマンスコンピューティングの動向な
ど例年多岐にわたります。本年度は、それぞれのSTE研研究集会の趣旨に則っておこな
いたいと考えておりますが、それにとどまらず、自由な発想で、分野横断的に共通に
取り組める内容も盛り込めたらと思っています。

---------------------------------------------------------------------------------
2005年度「STE研・NICT合同シミュレーション研究会」参加申込書

参加申込先: 
kkondo@stelab.nagoya-u.ac.jp, ida@stelab.nagoya-u.ac.jp
参加申込締め切り: 2005年9月22日(木)

参加者氏名 (                 )
所属・職(学生は学年)(               )
電話・FAX (電話:           FAX:         )
電子メール (                          )
講演題目   (                          )
講演著者名(発表者に○) (                         )
旅費希望の有無  (  有   無  )
「有」の場合、
出張日程(10月 日〜10月 日)
飛行機利用の有無(  有  無 )
--------------------------------------------------------------
*航空機を利用されて出張される場合、「航空券購入時の領収書」と「航空券の半券」
が出張手続きのために必要です。
*旅費の額には限度があるため、旅費の支給に関しては世話人に御一任頂けますよう
にお願いします。