概要・沿革

概要

ジオスペース研究センターは、太陽から地球大気までのエネルギーと物質の輸送・循環過程に関する系統的解明を目指し、所内研究部門や所外共同研究者と連携・協力して、領域をまたぐ横断的共同研究プロジェクトを立ち上げ、その遂行に中心的役割を担うことを目的としています。センターは、プロジェクトの企画・統括を行うマネジメント部と、プロジェクト研究の実践・支援を担うプロジェクト推進部、そして分野横断的な観測協力が機動的に実施できるように一元的に編成された観測所群から構成されています。

センター概要1

ジオスペース研究センターは、国内外研究機関との連携・協力のもとに、観測、データ解析、理論・シミュレーションを有機的に統合した定常的事業とプロジェクト研究を遂行して、ジオスペース研究における重要課題の素過程と領域間結合の解明に迫ります。

沿革

1990(平成2)年6月
名古屋大学太陽地球環境研究所(全国共同利用)設立。
1995(平成7)年4月
共同観測情報センターが発足。
1997(平成9)年10月
陸別総合観測室が発足。
2003(平成15)年4月
陸別総合観測室を発展させた陸別観測所が発足。
2004(平成16)年4月
国立大学法人名古屋大学が発足。ジオスペース研究センターが発足。